Chef

源藤 武 Takeshi Gentou

1974年大阪生まれ。

料理人である父に憧れ、幼少期より父の隣で料理を学び始めました。

高校卒業後、フランス料理の店で働き始めてからも、こだわる事なく何でも吸収したいと考え、深夜や休日を利用し、サーヴィス、寿司屋、居酒屋、日本料理店、鳥屋、魚屋など他店でアルバイトや勉強に明け暮れていました。

そんな日々の中で、徐々に方向性が見え始め、何か一つ、自分のベースになるものを習得しないと全てが中途半端に終わってしまうと感じ、フランス料理を選択。

やるからには本場で修行し、自分の目で見て感じたいと、渡欧を決意。 

 高校卒業後、ホテル阪神を経て、渡欧
 スイス ホテルエアポートペテルマンス クンストステューベン(二つ星)にてペテルマン氏に師事ツム・ベーレン(一つ星)
フランスジョルジュ・ブラン(三ツ星)ラ・スーピエール
スイスホテル ゼーダムプラザでシェフを務めた後、帰国
 海外滞在中、36ヵ国を旅し、各国の食文化や食材に触れる
日本マルン(滋賀) シェフデュラン(滋賀)シェフキハチ銀座グランドハイアット東京 スーシェフ
アメリカダニエル(二つ星)オセアナクリュ
日本神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ スーシェフエリエールフーズ 総料理長
 「Essen」を開店

レストランエッセン:シェフとオーナーについて

すべてのおいしい料理の背後には、彼らが作る料理に情熱を注ぐシェフがいます。彼らは他に類を見ない素晴らしくてユニークな味の料理を思い付く心です。レストランエッセンは、確かに、料理に対する圧倒的な情熱と愛情を持ったシェフとオーナーがいることを幸運に思っています。 

RestaurantEssenのユニークで文化的に多様な料理の背後にいる男について調べてください。この男を情熱的な味の追求へと駆り立てた物語を発見してください。唯一無二のシェフ、源藤武をご紹介します!

源藤武自身たシェフの話

が1974年に大阪で生まれ育っ。その間、父はいつも不在でした。シェフである彼に憧れ、料理の勉強を始めたので、いつでもそばにいられます。父と私はこの共通の関心事を結びつけ、それによって私は料理がさらに好きになりました。

高校のフレンチレストランで働き始めました。それから、卒業後も料理のすべてを吸収したいという気持ちがありました。それで、まだフレンチレストランで働いている間も、毎晩、休日はアルバイトをすることにしました。寿司屋、居酒屋、日本食店、鶏肉店、海鮮料理店で働き、勉強しました。 

さまざまな調理法や料理について学ぶことに時間を費やしていると、自分の料理には方向性がないことに気づきました。自分だけのことは何も学ばなかった気がします。すべてが途中で終わるという忍び寄る気持ちがあります。それで、私はフランス料理に焦点を合わせることにしました。その間ホテル阪神で働いていたので辞任し、心を込めることにしました。 

私はフランス料理の知識を深めるためにヨーロッパに行きました。私は自分の目でさまざまなヨーロッパ料理を訓練し、感じ、経験し、そして見たいと思っています。そこで、1つ星レストランのマスターツムベーレンで働きました。その後、スイスホテルエアポートピーターマンズクンストストゥスベンという2つ星レストランのオーナーであるピーターマン氏の下を離れ、トレーニングを行いました。 

その後、3つ星レストランのフランスジョルジュブランラスピエに移りました。このレストランではフランスの食材や料理について多くのことを学びましたが、先に進んで経験を広げることにしました。 

私の海外での最後の仕事はスイスのホテルシーダムプラザです。その後、母国である日本に戻りました。海外滞在中、36カ国を旅しました。私は訪れたさまざまな国のそれぞれの料理を体験し、味わい、料理し、そして感謝しました。 

この時期に、日本料理の味にも気づき、感謝の気持ちを抱きました。お互いに違う素晴らしい味の世界を人々に紹介したかったのです。この願いを込めて、レストランエッセンが設立されました。